外構工事やアンテナ取り付けはプロへ【住宅リフォーマー】

外壁塗装をする

外壁を定期的に塗り替えよう

住宅における外壁は外からもっとも目につく場所であり、また同時に雨風にさらされる過酷な環境下にあって劣化が著しい場所でもあります。そんな外壁もリフォーム工事で外壁塗装をし直せば、大規模な工事をしていなくても見違えるように新しく生まれ変わります。外壁はその耐久性を保つために、定期的なリフォーム工事を必要としています。基本的には20〜30年単位でリフォーム工事することが望ましいとされていますが、それは外壁を取り換える様な大規模なリフォーム工事を指していて、外壁塗装は10年ほどで定期的にすることを求められています。一見面倒に思えますが定期的に外壁塗装を塗り直すことで外壁の耐久性を保つだけでなく、雨漏りなどによって構造自体にダメージを与えないことで、結果的に全体的なリフォーム工事を行わなければならない自体を最小限に抑えられます。定期的なメンテナンスには当然費用も掛かりますが、長い目で見ればお得になるということも知っておくとよいです。

外壁塗装の平均的相場

外壁塗装は外壁材を取り換える大規模なリフォーム工事に比べると、リフォーム工事としては軽度な印象を受けます。しかし外壁は面積が広いために使う塗料は必然的に多くなるため、予想以上に費用がかかってしまうということもあります。そこで今回はそんなリフォーム工事における外壁塗装の平均的な費用について少しみていきたいと思います。安全で確実な外壁塗装を行うには、足場が必要となります。この足場は住宅の高さや住宅の立地する条件によって、費用が大きく変わる部分です。2階建ての住宅を基本としているので、3階建ての場合は費用が高くなります。また作業にあたって窓や扉などの養生や、塗料の飛散防止など諸々の作業に費用がかかります。こうした一連の作業によって下準備をしたうえで、実際に塗料を塗っていきます。こうした作業全体の平均的な費用としては、一般的な戸建ての住宅においては100万円ほどが相場となっています。

↑ PAGE TOP